パスワードを忘れた方はこちら

[AgoLab]しまね発!地域情報アーカイブプラットフォーム

2017.5.10

「稗原マルシェ」(7月2日開催)への学生協力~今年も始動しました!

大学・高専

イベント開催日 2017.4.30

江角智也

468

  • 468
  • 469
  • 470
  • 471
  • 472
  • 473
  • 474
  • 475
  • 476
  • 477
  • 478
  • 479
  • 481
  • 482
  • 483
  • 484
  • 485
  • 486
  • 487
  • 488
  • 489
  • 490
  • 491
  • 492
  • 493
  • 494
  • 495
  • 496
  • 497
  • 498
  • 499
  • 500
  • 501
  • 502
  • 503
  • 505
  • 506
  • 507
  • 508
  • 509
  • 510
  • 511
  • 512
  • 513
  • 514
  • 515
  • 516
  • 517
  • 518
  • 519
  • 520

7月2日(日)に出雲市稗原地区で第4回「稗原マルシェ」(主催:稗原マルシェ実行委員会)が開催されます。島根大学農林水産業の六次産業化プロジェクトセンターでは昨年度よりマルシェへの協力を行っていますが、その連動企画として、本年度のマルシェ運営に協力する学生10名(1年生7名、2年生2名、留学生1名)が、4月30日にコンニャク芋の植え付けとタケノコ掘り体験を行いました。稗原の里山の風土や味覚、農業を知ってもらい、マルシェ内で行う農家レストランのメニュー開発につなげてもらうための企画です。

コンニャク芋の植え付けでは、十分な大きさの芋を収穫するためには3~4年もかかること、水はけを考慮して植え付ける必要があることなど、農家さんから説明していただきました。また、法面の草を刈るプロの草刈も見せてもらいました。タケノコ掘りでは、探すコツ、選ぶコツ、うまく掘るコツなど、商品になるタケノコ掘りのポイントを教わりました。

傾斜畑での作業が大変さ、タケノコ掘りはテレビで見るよりも案外難しいこと、竹林の問題など、現場の声を聴き、実際を体験する良い機会となりました。

昼食には、コンニャクの刺身、コンニャク・タケノコ・山菜の煮しめ、タケノコご飯、タケノコの味噌汁(山椒入り)などをごちそうになり、稗原の春~初夏の味覚も堪能しました。炊きたてのタケノコご飯は好評で、おにぎりにして皆さん持ち帰りました。

また、出雲ケーブルテレビジョンの取材もあり、全員で「稗原マルシェ」のPR動画の撮影も行いました。

昼食後、午後からは稗原地区の散策を行いました。島大の地質学の先生が認定したという「稗原のさざれ石」、わびさびの佇まいを感じる古いお寺「法王寺」、農業用水をパイプラインで供給するために2004年に完成した「稗原ダム」、9月頃の果物狩りに好評な「稗原観光プルーン農園」、市民農園として整備されている「稗原やまびこ農園」、そして、新しく出来たばかりの「ヤギ牧場」を訪問し、地区の特徴や様々な取り組みを知ることができました。

今後、この体験を活かして7月2日(日)の「稗原マルシェ」に向けて準備を進めて行く予定です。

#コミュニティイノベーションチャレンジ #中山間地域 #農林水産業の六次産業化プロジェクトセンター #出雲市 #稗原

島根県出雲市稗原町

地点情報